【必読】背中用におすすめ!セルフタンニングスプレーを徹底検証!

健康的な日焼け肌を手に入れたい!

日焼けをしている肌は、健康的に見えてカッコよく見えますよね。しかし、太陽の光で肌を焼いてしまうと、紫外線により肌の細胞を傷つけてしまいます。

例えば、シワやシミの原因となるメラニンも紫外線を浴びることで生成され、肌の乾燥や、新陳代謝のサイクルを乱してしまうことも。

健康的な肌は手に入れたいけど、出来るだけ肌にダメージを与えたくないですよね。

セルフタンニングなら肌にダメージを与えず日焼け肌がゲットできる!

筆者の私も、元々肌が白く、日焼けをするとすぐに肌が赤くなっていました。また、シミやシワが増えるのは嫌なので、出来るだけ太陽に当たりたくないです。。。

しかし、日焼け肌のような健康的な肌に憧れている(少しわがまま?笑)のですが、こういう方多いのではないでしょうか?

実はそんな方たちにこそ、セルフタンニングがおすすめなんです!

セルフタンニングとは?

セルフタンニングは、そのままの意味で、

セルフ:自分で

タンニング:焼く

という意味です。つまり自分で日焼け肌にするということ。

肌が焼けて見える仕組みを具体的に紹介すると、

セルフタンニングとは、乳液やムース状の薬剤を肌に塗布し3~4時間放置する事で薬剤内の成分が肌の角質層のタンパク質に作用し、肌の色を褐色へと変質させるローションです。

つまり、「セルフタンニング液と肌の角質層が反応し褐色になる!」ということ。

なので、色はずっと褐色のままではなく、角質が落ちると元の肌の色に戻ります。色は1週間ほど持ちます。

また、普通の日焼けとは異なり、紫外線を浴びて肌を黒くするのではないので、シワやシミになる心配は一切ありません。お肌にも大きな負担なく着色が出来るのです。

セルフタンニングのメリット

日焼けはシミ・シワ・タルミの原因となってしまいますが、セルフタンニングは紫外線を浴びずに日焼け肌をゲット出来るので、肌への影響はありません

日焼けするとどうしても肌荒れが心配であったり、ヒリヒリしたり皮が剥けてしまうのを避けたい方にもおすすめです。

また、加えて肌を守るための効果が期待できるのも魅力で、サマーシーズンには大活躍するアイテムとなっています。

セルフタンニングは、使用をやめると数日で元の肌に戻るのも特徴です。塗り方を工夫すれば色の濃さを調節できます。

セルフタンニングのデメリット

セルフタンニンは、塗りにくい背中などは一人でやると大変なのはデメリットですね。また、セルフタンニング独特の匂いがあるのですが、使用していればすぐに慣れます(笑)

スプレータイプのセルフタンニングがおすすめ!

スプレータイプのセルフタンニングのメリット

セルフタンニングは基本的に自分で肌に塗りますが、やはり背中が一番塗りにくい。ローションやクリームタイプのセルフタンニングだと上手く背中まで手が届かなく綺麗に塗ることが出来ません。

しかし、スプレータイプであれば、塗りにくい背中も簡単に塗ることができます!上半身全体に塗りたい方は、特にスプレータイプがおすすめです。

スプレータイプのセルフタンニングのデメリット

スプレーなので、飛び散る可能性があるので、部屋での塗布には少し向いていません。お風呂場などの多少汚れても水で流せば大丈夫なところでやるのがおすすめです。

おすすめのセルフタンニングスプレーを紹介!

 

プロタンオーバーナイトコンペティションカラー

価格:3980円

生産国:アメリカ

Amazonを見てみる

アメリカ発のセルフタンニングアイテムで、向こうでは定番の逸品です。

ボディビル関係の専門店で実施された人気投票では3年続けて1位を獲得した経歴もあり、その実力には期待が持てます。

アメリカのボディビル協会も一押しで、数々のボディビルダーがコンテストで本製品を活用してきました。

その魅力はなんと言っても、一度使えば綺麗な褐色肌が手に入る点。スプレータイプにも関わらず濃い目のセルフタンニングが可能です。

小麦肌が必要な日の前夜に使えば、充分に間に合います。加えて重ね塗りができますから、かなりの濃さに仕上げられるのも魅力です。

色も長持ちしやすい仕様で、7日程度は持続すると言うのが公式発表です。乾燥し切るには30分ほどかかるので、それまでは衣服を着たり水に濡れないようにするのがコツとなります。

プロタンオーバーナイトコンペティションカラーの口コミから見るデメリット

説明欄には一度スプレーすれば7日ほど持続するとありますがシャワーを浴びてしまえば、落ちてしまいます。なのでスプレーするのは前日でよい。色は大分濃い感じになりますので、理想的です。

7日間は褐色肌が持続すると公表されているものの、入浴すれば少し色が落ちると言う評価があります。必ずしも長時間維持できるとは期待できないのかも知れません。

その他には目立ったデメリットやマイナス評価はありません。

Amazonを見てみる

プロタンオーバーナイトコンペティションカラーの口コミから見るメリット

海外発送でしたが割と早く届きました!
凄く黒くなりコンテスト映えします!
しかし、光沢は無いので別途オイルを用意する必要があります!

 

フィジークのコンテストに出場するために購入しました。前々日と前日の夜に使用しました。重ね塗りすることで色の濃さを調節できます。乾く前に服を着てしまうと色のムラの原因になるので、ドライヤーなどでしっかり乾かしたほうがいいと思います。少し衣服に色うつりするので、黒や色の濃い服を着ることをおすすめします。

カラーリング後は徐々に色が薄くなりますが、個人差はあるでしょうが完全に落ちるには2週間はかかると思います。カラーリングOKのコンテストに出るならば使って損はないと思います。

 

特にボディービルダーのコンテスト用としての評価が高くなっており、国内でも喜びの声が多数です。

日焼けするよりも渋めの色合いに仕上げることもできますし、何度も重ねて思いっきり黒くしていくこともできます。ツヤはなくてナチュラルに仕上がるので、ファッション用途にも適していると考えられるでしょう。

スプレータイプでむら無く塗り拡げられるのもの好評価の理由となっており、他にも付属しているブラシが役立つと言う意見もあります。

Amazonを見てみる

フェイクベイクセルフタンニングスプレー7oz

・値段:5520円

・内容量:207ml

・配合成分:DHA、エリスロースなど

Amazonを見てみる

2種類のセルフタンニング用の成分を配合しているのが特徴のアイテムです。

尋常性白斑にも対応があるジヒドロキシアセトンと、糖の一種であり食品にも含まれるリスロースがダブルで配合。

加えてこれらの成分を、より肌の深部まで到達するようなテクノロジーを開発したことにより、しっかりとした褐色肌を目指すことが可能となっています。

スプレータイプで使いやすく、塗り拡げやすいのも魅力ですが、このアイテムは噴射ノズルが独自開発されたもので更に塗りムラが生じにくくなっており、綺麗に仕上がりやすいです。

色落ちもしにくい設計で長時間に渡って小麦肌を楽しめるのも魅力となっています。乾燥も早めとなっているのも嬉しいポイントでしょう。

Amazonを見てみる

フェイクベイクセルフタンニングスプレーの口コミから見るデメリット

  • 黒くはなります。三回くらい重ね塗りを三日続けました でも、わたしには色が合わなかったみたいです。日焼けしてある程度下地を作ってからの方がいいのかもしれません。色は他のコメントにもありましたが、赤みの少ないグリーン系だと思います。

 

タンニングスプレーはこの商品しか使っていないので、他の商品との比較は出来ませんが、痛みや痒みもなく綺麗なブロンズ肌になれました。ただやっぱりちょっと服などに色がついてしまいますね。

色味については好みの問題もあり、評価が分かれる製品となっています。コメントでは赤みの少ないグリーンと言う評価があり、これが好ましくない方にはイマイチ人気がありません。

後は衣類に色移りするリスクがありますが、これはセルフタンニングでは避けがたいトラブルと言えます。

Amazonを見てみる

フェイクベイクセルフタンニングスプレーの口コミから見るメリット

 

イベント時日焼けが足りない時、もう何本も使っています。すごくキレイなダークな小麦色になります。ムラになることもないし手も汚れないからとても便利です。ただ全身ムラなくぬるとなると一本使いきったほうがいいですよ。

同社のムースと比べたくて購入しました。 ムースより黒いという話しを聞いたのですが(ここのサイトではありません)、ちょっとは黒いかな?というレベルだと思います。 同じ条件で比べているわけではなく、ムースをつけたりスプレーをつけたりしているので、はっきりしたことはわかりません。 ガイドの色は赤味の少ない緑っぽい色で、カッコいいです。 スプレーなので飛びちりが心配で部屋の中で使えないのが不便です(お風呂の鏡は見えにくいので)が、乾きが早いので楽です。

 

  • イベント時日焼けが足りない時、もう何本も使っています。すごくキレイなダークな小麦色になります。ムラになることもないし手も汚れないからとても便利です。ただ全身ムラなくぬるとなると一本使いきったほうがいいですよ。

手軽に褐色肌が手に入るの点で、好評価となっています。

とにかくしっかりと色が付き、肌が黒くなる点は折り紙付きと言えるでしょう。

フェイクベイクの他製品との比較では、ムースに比べてもスプレーのほうがよく染まるとされています。良く染まるのでいざと言う時に頼りにしていると言う声も多数です。

色味は赤が控えめですが、この為にダークな仕上がりとなるので、このような色合いを狙っている方にはうってつけのアイテムとなっています。

Amazonを見てみる

普通に日焼けをするよりセルフタンニングスプレーがおすすめ!

日光に長時間浴びて日焼けするのには紫外線のリスクがつきまといますが、セルフタンニングではそのような心配もなく、自宅で手軽に小麦肌を楽しむことが可能です。

ローションタイプなどは塗りムラが心配ですが、スプレータイプできれいに染まるものを選べば、美しい仕上がりを期待できるでしょう。

くまなく塗れるので日焼けと違って、水着の部分だけ白さが残ると言うような失敗も防げます。

この夏、健康的な肌をゲットしてモテモテになりましょう!