【必見】白斑ケアにおすすめのセルフタンニングはコレだ!

白斑が気になってあまり肌の露出をしたくない

白斑は皮膚の色素が抜けてしまい、肌が白くなる疾患です。肌が白くなるというと羨ましいと感じる人もいますが、部分的に白くなるので、まだら模様のようになるのが特徴です。

そのため肌を露出していると人目につきやすく、夏場でも長袖を着用するという人が少なくありません。海やプールなどの夏のレジャーが億劫になったり、温泉に行くのも嫌になりがちです。

治療方法には軟膏療法や紫外線療法などがありますが、長い時間がかかるのが一般的です。

そもそも白斑の原因とは?

非分節型の白斑とは

白斑は皮膚の中にある色素細胞が少なくなり肌色が白くなる疾患で、多くは後天性のものです。

非分節型は体全体に症状があらわれるのが特徴で、抗体が自分の体の組織まで壊してしまう自己免疫性が大きな要因になっていると言われています。

わたしたちの皮膚の中にはメラニン組織があり、これにより紫外線などの刺激から肌を守っています。けれど自己免疫性が崩れるとメラニン色素の量が少なくなり、その結果、肌がまだらに白くなると考えられます。

分節型の白斑とは

分節型は非分節型とは違い、神経支配領域の近くに症状があらわれるのが特徴で、体の片側だけ肌が白くなることが多いです。

メラミン色素の生成は神経が深く関わっていますが、その神経支配領域に何らかの影響が加わり、生成が阻害されることが原因と言われています。

神経を刺激する要因の主なものに酸化ストレスがあげられます。酸化ストレスは活性酸素と抗酸化システム、抗酸化酵素のバランスが深く関わっているので、これらを調整することがポイントです。

未分類型の白斑とは

未分類型は非分節型と分節型、どちらにも当てはまらない症状のことを指します。白斑の症状があらわれた当初は体の片側だけだったのに、徐々に全身に広がることが多いです。未分類型の原因の1つに、肌の部分的な刺激があげられます。刺激には細菌やウイルスによるダメージや癜風菌などがありますが、薬剤による炎症なども考えられます。

白斑の治療法はあるの?

保険適用の治療法

白斑をケアするには、初期症状の段階で専門医の診断を受けるのがおすすめです。保険適用のケア方法の代表的なものが塗り薬で、ステロイド外用薬を使用したり、アトピーの治療薬であるタクロリムスを活用する場合もあります。

さらに保険適用のケアには紫外線療法があり、肌が白くなった部分に紫外線を照射する方法が用いられます。紫外線の照射は1週間に数回ほど行われ、過剰反応している免疫を正常に戻すことで肌の白みを改善することが可能です。

保険適用外の治療法

保険適用外のケア方法の1つに、活性型ビタミンD3外用薬があげられます。活性型ビタミンD3外用薬は紫外線療法と用いることで結果が得られやすく、細胞の異常な増殖を抑えて、免疫反応を適切なものへと近づけられるのが特徴です。

ほかにはメラニン色素を作る細胞を正常な部位から患部へと移植する方法もあります。この移植術は傷跡が残らないようにできたり、通院で行えるところもありますが、患部の経過を見るためにも入院治療するのがおすすめです。

さらに1週間ほど患部を固定する必要もあるので注意しましょう。保険適用外のケアには、白斑専用の化粧品を使って患部を目立たなくさせる方法があり、セルフタンニングもこの分類に分けられるケア方法と言えます。

白斑ケアにおすすめのセルフタンニングとは?

セルフタンニングはローションやジェル・スプレーなどのタイプがあり、肌に塗ったり噴射することで日焼けをしたような肌色に仕上げることができる美容用品です。

モデルやダンサーなどに愛用者が多く、日焼けとは違ってシワやシミ・乾燥肌などの肌トラブルを気にしなくていいのが大きなメリットです。セルフタンニングの多くは肌の角質層に含まれているタンパク質に反応し、そこを日に焼けたような小麦色に着色する効果があります。

ファンデーションとは違って肌色を染めるものなので、効果が約1週間ほどキープできるうえに、服や下着に色移りしないというメリットがあります。さらに自然に近い日焼け色に仕上げることができるのも大きな特徴です。

白斑ケアにおすすめのセルフタンニングの選び方

Amazonなどでセルフタンニングを白斑に使用した方の口コミを見る

 

セルフタンニングの口コミを見てみると、白斑のケアに使用している人が多いことが分かります。

今までファンデーションで誤魔化していたり、ケア範囲が広くて面倒だったものの、使用することでスキンケアが楽になったと感じる人が多いようです。

さらに肌が綺麗になるだけではなく、ストレスやコンプレックの解消に繋がったという口コミも見受けられます。

セルフタンニングの使用は白斑自体がなくなるわけではないですが、肌を露出しても恥ずかしくないので、2回3回と繰り返し購入、一年中使用している人が多いのも白斑で悩む人ならではの意見です。

 

セルフタンニングで実現できる色味で選ぶ

セルフタンニングには数多くの種類があり、製品によって使い心地や香りなどが変わってきます。白斑のケアに利用したいと思った場合、使用後の色味で選ぶのがポイントです。

自分の希望通りの肌色に近い色味の物を選んだり、色ムラになりにくいタイプのものを検討して選びましょう。

特に肌の色が白い人は黄色みが強くでやすいので、それを考慮して選ぶことも大切です。スプレータイプは背中など手が届きにくい部分の使用に最適ですが、色ムラが出やすいので注意が必要です。

白斑ケアにおすすめのセルフタンニング

セルフタンニングローション100

・価格:3024円

・テクスチャ:ローション

・美容保湿成分:アロエベラ葉エキス

・内容量:150ml

 

amazonを見てみる

セルフタンニングローション100は肌に塗りやすいローションタイプのため、小麦色が均一にできるのがメリットです。

これに加えてオイルフリーなうえ色素を含んでいないので、肌馴染みが良く、敏感肌の人も使用しやすいのが特徴です。さらに植物性由来の保湿成分であるアロエベラ葉エキスが配合されているので、肌に刺激を与えることなく理想の肌色にケアすることが期待できます。

白斑の場合、日焼けをすると患部の周りだけが黒くなって、肌の白い斑部分が余計に目立つことがありますが、セルフタンニングローション100はメラニン色素に関連なく肌色を濃くすることができます。そのため自然に近い日焼け状態に仕上げることができるのが魅力です。

amazonを見てみる

セルフタンニングローション100の良くない口コミから見るデメリット

良くない所は、「匂いが特徴的」。薬品のような匂いがします。今はもう慣れましたが、良い匂いとは言えません。

 

確かに色は黒(若干、黄色)になり、1週間も塗らないでいると、色が抜けたなぁと実感します。白い服装だと、衣類に色写りするので注意しましょう(洗えば落ちます)。当然ですが、垢も茶色になります。

セルフタンニングローション100の口コミを確認すると、肌の色味がムラになりやすいのがデメリットのようです。これは1回塗った時に起こりやすいので、2回3回と繰り返し製品を使用することでカバーすることが可能です。

amazonを見てみる

セルフタンニングローション100の良い口コミから見るメリット

香りが爽やかで使いやすいです。
他社の商品だとココナッツの香りがきつかったりするのですが、こちらは日焼け止めのような香りです。
肝心の効果ですが、2度塗りで丁度いい焼け具合になります。
元の肌が白色強めだと黄色が強く出ますが、ちょい焼け位だと扱いやすいです。

 

最高です。10代から使ってますが、日焼けで小麦を作っていた歳の近い弟と比べると、シミ、シワが全く違います。角質を染めるので当然なのですが、真皮まで到達する紫外線と比べた時に全く肌へのダメージが違うんですよね。自然由来もいいですね。

 

セルフタンニングをいろいろ試してきましたが、本製品が一番いいですね。
変な匂いもしないし、顔に塗ってもいい感じで伸びるのですごく塗りやすいです。(他社製のは、伸びないのが多いので塗りにくい!)
これからも愛用するつもりです。

 

においについて書いてる人もいますが、特に嫌なにおいではなく、私の場合は全く問題無しです。
黒さは十分です。
雰囲気を変えたいときは、これを使うといいです。
肌に悪い影響は全くなし。

 

セルフタンニングローション100の口コミでは、肌の色が太陽で焼いたような日焼け色になることがあげられます。さらに使用を止めれば、徐々に肌色を戻すことができるのも大きな利点です。

セルフタンニングはアイテムによってニオイが強いものがありますが、このアイテムは気になり難いという意見も多いです。これらにプラスして、ローションタイプで肌馴染みが良いので、肌がべたつく夏場でも使用しやすいのが魅力と言えます。

amazonを見てみる

セルフタンニングで白斑ケアをしよう!

白斑のケアは非常に時間がかかるので、気になるコンプレックをすぐに解決させるにはセルフタンニングで肌色を濃くして、患部を目立たなくさせるのがおすすめです。

アイテムを使えば自宅で簡単に肌の色ムラが綺麗になるうえに、効果を1週間ほどキープさせることができるので、海やプールなどのサマーレジャーも楽しむことが可能です。

これと並行し、ステロイド外用薬や紫外線の照射治療を行うことで、スムーズに肌色を改善することが期待できます。